LOG IN

パーソナルカラー診断を受けました

by Sponge Design

2020年は、山羊座がブイブイいわせる(死語)らしいので、波にのって新しいことにチャレンジしてみようとしています。

日本語教育能力検定試験も、そのひとつです。

今日は、パーソナルカラー診断をしてもらいました。

自分が好きだと思って着ている服が似合っているかどうかを知りたかったのと、選ぶ服のデザインやメイクが若いときからずっと同じなので、客観的な意見を聞いてちょっと違うものを身につけるのもいいかな、と思ったからです。

ありがちですが、自分で思っていたのと真逆でした。

冬か夏だと思っていたのに、春&秋でした w

そして黒とグレーが全然似合ってないことがわかって、ちょっとショック。

カラーバリエーションがあれば必ず黒を選ぶ、って感じだったのに。

しかし、あまり似合わない色を着ていても、合う色を顔の近くに置くだけで全然雰囲気が変わるものですね。

ストール巻いてる女子が多いのってこれが理由?(じゃなくて単なる防寒?)

パーソナルカラーには、髪の色と、顔と髪の面積比率が大きく影響を与えるということです。

私は明るめの髪色かつ、ボブスタイルのため髪の面積が大きい → 春&秋色に似合う色が多い

という結果になったようでした。

髪が黒かったり、アップにしてたりすれば、また違う結果になるのだとか。

あと、興味深かかったのは、本人の性格が関係するというお話。

私は外側に向いている(積極的にコミュニケーションを取ろうとする)タイプなので、そういう意味でも冬じゃないですね、とのことでした。

もし、孤高に生きるぜ!っていう性格だったら、肌や目の色は同じでも冬色が似合うようになるのかしらー 面白いなー。

診断してもらうのならば、気に入ってよく着ている服がよかろう、と思って着ていったのですが、セーター+パンツ+アクセサリー、たまたますべてが似合うカラー群にある色でした。

好きな服=似合う服 で良かった。

しかし、手持ちの服は黒、グレーが多いからな〜〜。

ストールは苦手なので、まずは帽子やアクセサリーから、似合うものを探していこうと思います。

(コーラルピンクなんて着たことないわ…)

わたしに似合う色たち

OTHER SNAPS